発達相談支援センター ルピロについて

ルピロ 内装

  ルピロは、発達障がいがあるご本人、ご家族が安心して暮らしていくことができるよう、乳幼児期から成人期にいたるまでの総合的な支援を行う機関です。

 設置根拠:発達障害者支援法第14条に基づく「発達障害者支援センター」

 設 置 者 :浜松市

 事業主体:浜松市発達障害者支援センター運営事業・特定業務委託共同企業体

 共同企業体構成団体

     :社会福祉法人 浜松市社会福祉事業団

     :特定非営利活動法人 しずおか・子ども家庭プラットフォーム

 浜松市にお住まいの自閉症、アスペルガー症候群などの広汎性発達障害、学習障害(LD)、注意欠如多動性障害(AD/HD)がある方や疑いがある方、そのご家族、関係する機関からの各般の相談に応じます。

名称の由来

「ルピロ」とは、フランス語で「水先案内人」を意味する「pilote」に由来した造語です。

「le pilote=ル・ピロットゥ」→「ルピロット」→「ルピロ」となりました。

現在のルピロに至るまで

平成19年~20年1月:浜松市発達障害者支援センター設置に関する懇話会開催

平成20年 1月:浜松市発達障害者支援センター設置に関する懇話会作成の提言書を浜松市に提出

平成20年 4月:浜松市が浜松市社会福祉事業団に発達障害者支援センター事業委託

        :浜松市発達医療総合福祉センター内に浜松市発達障害者支援センター(準備室)開設

平成20年 6月:浜松市発達相談支援センター「ルピロ」開所 業務開始(中区鴨江:旧市立診療所)

平成21年6月27日:旧ホームページ開設。

平成25年7月29日:現在の場所、ザザシティ浜松中央館5階に移転。

平成30年 4月:浜松市発達相談支援センター運営事業・特定業務委託共同企業体となる。

平成30年 6月:ルピロ開設10周年を迎える。

        :新ルピロ公式ホームページを開設。